風俗の少し良い話

興味を持つことは大切ですしね

それまで風俗といえば同僚に連れられて行くケースばかりでした。飲み会の後とかですね(笑)勢いで行くケースが多いというか、自分の意志ではなくて周囲の意志で行くものだったんです。でも、何度も利用していると次第に自分の中にも欲望が出てくるじゃないですか。女の子とか種類とか。自分でもいろんな願望が出てくるようになってきたので、調べるようになったんです。ホームページを見たり、口コミを探したり。どんな楽しさが待っているんだろうとか、この女の子はどんな特技を持っているんだろうとか、興味を持つといろいろと自発的に調べるようになるし、調べたら楽しみたいって気持ちも出てくるじゃないですか。それでいつしか、自分の意志でも風俗を楽しむようになっていたんですよね。だから性欲っていろんな動機になるなって思いました(笑)自分がここまで自発的にいろんなことに対して前向きに調べたり動いたりって、考えてみたら風俗くらいしかないんですよね。

実力よりもフィーリングでしょう

風俗は実力というよりもフィーリングというか、女の子はテクニックよりもむしろ相性の方が重要かなと思うようになりましたね。もちろんテクニックはあるに越したことないと思いますけど、でも決してテクニックだけではないのもまた、一つの事実なんじゃないかなって思うんですよね。むしろ相性ですよ。体の相性もありますし、プレイスタイルの相性もありますよね。だからどういったプレイになるのかは、結局は自分のプレイスタイルとの相性の問題がとても大きいんじゃないかなって思うようになってきたんです。これは、それなりに風俗の数をこなしてきたからこそ分かるようになってきた部分でもありますね。以前は相性とかテクニックなんてあまり意識していなかったんです。それこそ、楽しめればよいだろうくらいの気持ちでしかなかったんですよね。でも気付いたら自然とそういった事まで意識するようになっていたんです。自分もレベルアップしているんでしょうね(笑)