風俗の少し良い話

しつこいくらいがいいのかも

前回の風俗嬢はかなり強く印象に残っているんです。その訳は、彼女のプレイにあります。まだまだ若い風俗嬢なのに、とってもネチっこいんです。まるで熟女を思わせるかのように、こちらに対してしつこくプレイをしてくるんですよ。それが凄いというか、若い女の子ってどうしても淡々としたものになりやすいじゃないですか。でも若いから男からすればそれだけで嬉しいんですよね(笑)甘やかしすぎは良くないとは思いますけど、若い女の子には若い女の子なりのプレイがある。そう思っていたものの、彼女に関しては相当ネチっこいんです。外見だけで判断するならとっても綺麗で落ち着いた雰囲気の美女なのに、まるで熟女かのようなプレイ。美人があそこまでしつこくたのしませてくれたので、性的な意味での快感だけではなく、男としても相当楽しめたんじゃないかなって思っています。終始彼女が主導権を握っていたのも、すべて彼女の実力と言えるでしょうからね。

予測がつけられるようになってきた

それなりに自分も風俗の経験を積んできたからなのか、風俗嬢がどんなことを考えているのかや、どんなプレイに移行しようとしているのかなど、ある程度予測を付けられるようになってきたんですよね。これは個人的には結構嬉しいことなんですよ。予測出来るということは自分でもどうするべきなのかが分かってきたんですよね。そこが風俗の快感を左右する部分でもあるんじゃないかなって思うんですよ。特に思うのは、風俗で何より大切なのは女の子とのハーモニーだと思うんですよ。相手も何かを考えていますし、こっちだっていろいろと考えるじゃないですか。それによって、じゃあどうすべきなのかってことを考えるんです。それが大きなポイントになってくるんじゃないかなと思うんですよね。それも含めて、風俗では相手との呼吸ってやつだと思うんですけど、風俗の経験によって自分もそれが何となくではあるんですけど見えてくるようになってきたので、そこを意識しつつ、楽しんでいます。