風俗の少し良い話

無いものねだりだからこそ

一回り以上年下の彼女がいます。男としてはステータスなのかもしれません。自分の職場のバイトの女子大生なんですけど、若さは素晴らしいですけど、ただ所々で「そうじゃないだろ」と思うことが多いのも事実。まだまだ若くてこれからなんです。そこら辺は大目に見てあげなければならないとは思いますけど、一方で不満があるのも事実。特に性的なものに関しては不満だらけですね。だからこそ風俗に行って人妻と遊んでいます(笑)恋人は良くも悪くもうぶというか、まぁいわゆるマグロなんですよ(笑)そのうち快感に慣れてくるとは思いますけど、まだまだこれからなのでフェラなんかも下手なんです。そもそもあまり好きじゃないって言ってますしね。でもあれこれ言うのも可愛そうなので、それなら自分が他で済ませようってことで風俗に行って、恋人とは違ってしっかりとこちらのために頑張ってくれる人妻を指名して楽しんでいるんです。その方が精神衛生的にも良いですし。

お金じゃなく、納得を求めている

出来れば風俗を安くとは思いますけど、でも安さよりも自分の納得をって考えています。風俗が毎日利用しないといけないようなものなら安さを重視するのも分からなくはないんですけど、それこそたまに利用するくらいなので、たまに数千円ケチるよりは自分が納得して楽しめるプレイやコースを選ぶようにしています。風俗だけじゃなく、どんなサービスでも料金と質はある程度比例しているじゃないですか。だから満足感を求めて、自分なりにいろいろと楽しもうって気持ちがあるんですよね。心の底から満足したいっていう気持ちがあるので、少しケチって後になって「やっぱり指名しておけばよかった」「もう少し長くすればよかった」とか悔いの残る時間になってしまうのは勿体ないなって思うんですよね。それよりは、自分の納得出来る時間を過ごしたいって気持ちの方が強いので、お金に関してはそんなに深く考えるのではなく、自分が納得出来る女の子なのかを考えています。